すぷりんぐ

年1回、完全無料の個別リフォーム相談リフォーム相談定期便好評実施中!

真夏に頑張るリフォームの職人たち

「ご苦労様。」の一言が彼らの力の源になります。

全国で例年よりずいぶん早く梅雨が明けて、新潟でも6月後半から真夏の日差しが照り付けています。

連日30℃超えの猛暑が続き、皆さんの中にも早くも暑さ負けという方もいらっしゃるかもしれません。

こんな中でもリフォームの職人たちは毎日現場で頑張っています。

すぷりんぐの職人たちももちろん同じ。

特に屋根工事では太陽の光を遮るものなどありません。快晴の日にはその屋根の表面温度は70~80℃にもなります。

職人たちにはしっかりと水分と塩分を取り、こまめに休憩を取りながら作業を進めるように指示しています。

この水分と塩分の補給は絶対に必要なのですが、意外と内装工事など部屋の中で作業をする者たちは疎かになりがち。

夏の作業は熱中症に十分気を付けながら行います。

休憩もしっかり取りながら作業を進めさせていただきますので、ご理解くださいね。

写真はイメージです

急な雷やゲリラ豪雨も最近の心配事。

夏の暑さも大変ですが、この時期で最近多いのが急な雷や突然猛烈に降ってくるいわゆるゲリラ豪雨。

養生も間に合わないほど急にやってきたりしますし、非常に狭い限定的な地域で起こったりもするので、最近は休憩ごとに気象情報を見るように言っています。

雷や竜巻は命の危険もある気象現象なので、本当に注意が必要です。

写真はイメージです

そんな中日々頑張っている職人たちの一番のご褒美は、お客様の「ご苦労様。」「ありがとう。」そして「綺麗に仕上がってうれしい!」といった言葉なのです。

職人たちは人見知りでシャイな人間も多いのですが、お客様が一言声を掛けていただければ、何よりも力になるのです。

写真はイメージです
投稿日: | カテゴリー:リフォームよもやま話

アーカイブ

LINEで気軽にご相談いただけます

協力企業リンク

© 2022 rf-spring.com.